コンテンツに進む
カート
0個のアイテム

News

【フルガイド】ボート用ソーラー充電器とは

PengRunxia 12 Apr 2024
【フルガイド】ボート用ソーラー充電器とは

近年、海洋産業は持続可能で環境に優しい取り組みへの大きな変化を見せています。この傾向から生まれた最も革新的なソリューションの 1 つは、ボート用の太陽電池充電器です。ボートに乗る人が環境への影響をより意識し、従来の電源への依存を減らそうとするにつれて、水上でボートのバッテリーを充電し続ける信頼性が高く効率的な方法として太陽電池充電器が人気を集めています。

ボート用太陽電池充電器を理解する

ボート用ソーラーバッテリー充電器は、太陽の力を利用して発電し、その電力でボートのバッテリーを充電する装置です。これらの充電器は通常、太陽光を電気エネルギーに変換する太陽光発電 (PV) パネルと、充電プロセスを調整してバッテリーを過充電から保護する充電コントローラーで構成されます。

ボート用ソーラーバッテリー充電器の種類

太陽電池充電器にはいくつかの種類があり、それぞれ特定のニーズや用途に合わせて設計されています。さまざまなタイプを理解すると、特定の要件に最適な充電器を選択するのに役立ちます。ここでは、太陽電池充電器の一般的なタイプをいくつか示します。

ポータブル太陽電池充電器:

ポータブル太陽電池充電器は軽量で持ち運びが簡単にできるように設計されています。キャンプ、ハイキング、ボート遊びなどのアウトドア活動に最適です。これらの充電器は、折りたたみ式または柔軟なソーラー パネルを備えていることが多く、梱包や持ち運びが簡単です。通常、スマートフォン、カメラ、ポータブル電源バンクなどの小型電子機器の充電に使用されます。

固定太陽電池充電器:

固定太陽電池充電器は、ボート、RV、その他の車両に常設できるように設計されています。これらの充電器は固定位置に取り付けられ、多くの場合、車両の電気システムに統合されています。固定ソーラー充電器にはさまざまなサイズと構成があり、さまざまな電力要件に対応できます。

 

メンテナー太陽電池充電器:

メンテナーソーラーバッテリー充電器は、バッテリーを完全に充電された状態に保ち、使用しないときの放電を防ぐように設計されています。これらの充電器は、ボート、オートバイ、クラシックカーなどの車両バッテリーの充電を維持するために一般的に使用されます。これらは、車両を長期間保管したり、定期的に使用しないときに特に役立ちます。

充電コントローラー内蔵折りたたみソーラーパネル:

一部のソーラーバッテリー充電器は、充電コントローラーを内蔵した折りたたみ式ソーラーパネルの形で提供されます。これらのパネルは多用途であり、さまざまな角度から太陽光を捉えるように簡単に調整できます。内蔵の充電コントローラーは充電プロセスを調整するのに役立ち、ボートや RV で使用されるバッテリーを含む幅広いバッテリーの充電に適しています。

ソーラートリクル充電器:

ソーラートリクル充電器は、長期間にわたってバッテリーをゆっくり充電するように設計されています。これらは、ボート、クラシックカー、季節限定の娯楽用車両など、あまり使用されない車両のバッテリーの充電を維持するのに特に役立ちます。ソーラー トリクル充電器はコンパクトで設置が簡単なことが多く、バッテリーの状態を維持するのに便利な選択肢です。

太陽光発電バッテリーバンク:

太陽光発電バッテリーバンクは、複数のソーラーパネルとバッテリーバンクで構成される大規模システムです。これらのシステムは、後で使用するために大量のエネルギーを蓄えるように設計されています。これらは、信頼性が高く持続可能な電源が不可欠な、離れた船室、船舶、RV などのオフグリッド アプリケーションで一般的に使用されます。

太陽電池充電器の各タイプは、さまざまな電力要件と使用シナリオに対応する独自の機能と利点を提供します。太陽電池充電器を選択するときは、出力、サイズ、取り付けオプション、充電する特定の種類の電池との互換性などの要素を考慮することが重要です。

ボート用太陽電池充電器のメリット

環境に優しい電源

ボートに太陽電池充電器を使用する主な利点の 1 つは、環境に優しいということです。太陽からのクリーンな再生可能エネルギーを利用することで、ボートに乗る人は二酸化炭素排出量を大幅に削減し、環境への影響を最小限に抑えることができます。

費用対効果の高いソリューション

太陽電池充電器への初期投資は従来の充電器よりも高額になる可能性がありますが、長期的なコスト削減は大幅です。ソーラー充電器は、設置後は最小限のメンテナンスで済み、燃料や電気を継続的に費やすことなく信頼性の高い電源を提供できます。

陸上電力からの独立

ボーターは太陽電池充電器を使用することで、より独立性と柔軟性を享受できます。太陽エネルギーを利用できるため、ボートに乗る人はバッテリーの充電を維持するために陸上電力やボートのエンジンだけに依存する必要がなくなり、より長期間のオフグリッドクルージングが可能になります。

静かでメンテナンスの手間がかからない動作

太陽電池充電器は静かに動作し、可動部品がほとんどないため、メンテナンスの必要性が最小限に抑えられます。そのため、水上での平和と静けさを重視するボート乗りにとって、魅力的な選択肢となっています。

ソーラーボートバッテリー充電器の仕組み

ソーラーボートバッテリー充電器は、ソーラーパネル、充電コントローラー、配線という 3 つの重要なコンポーネントで構成されています。このプロセスは、太陽からエネルギーを捕らえて電気に変換するソーラーパネルから始まります。ただし、ソーラーパネルで生成された電気は、適切に調整されていない可能性があり、直接接続するとバッテリーを損傷する可能性があるため、本質的にバッテリーの直接充電には適していません。

この問題に対処するために、ソーラー充電システムの重要なコンポーネントはソーラー充電コントローラーです。このデバイスは、ソーラー パネルからバッテリーに流れる電流と電圧を調整することにより、安全な充電条件を確保する上で重要な役割を果たします。充電コントローラは、充電プロセスを監視および制御することで、過充電、過充電、その他の潜在的な問題からバッテリーを保護し、それによってバッテリーの寿命を延ばし、パフォーマンスを最適化します。

太陽電池充電システムには、ソーラーパネルとチャージコントローラーのほかに、ソーラーパネル、チャージコントローラー、バッテリーを相互接続するための配線やヒューズも含まれています。適切に取り付けられた配線とヒューズは、ソーラー充電システムの安全かつ効率的な動作に不可欠であり、潜在的な電気的危険からコンポーネントを保護しながら電気が効果的に伝送されることを保証します。

ボートの MPPT と PWM バッテリ充電

ボートの太陽電池充電に関しては、充電コントローラーで使用される 2 つの一般的なテクノロジーは、最大電力点追従 (MPPT) とパルス幅変調 (PWM) です。各テクノロジーは、海洋用途に特有の利点と考慮事項を提供します。

MPPT (最大電力点追跡)

MPPT 充電コントローラーは、電気動作点を継続的に調整してパネルが最大出力で動作するようにすることで、ソーラー パネルの効率を最大化する機能で知られています。この技術は、さまざまな環境条件に適応できるため、太陽放射照度や温度が変動する状況で特に有利であり、最終的にエネルギーハーベスティングの向上と充電効率の向上につながります。

太陽光や気象条件が急速に変化する可能性がある海洋環境では、ソーラーパネルからのエネルギー捕捉を最適化する機能を持つ MPPT 充電コントローラーが好まれることが多く、ボートやその他の船舶に最適です。

PWM (パルス幅変調)

PWM 充電コントローラーは、太陽電池充電システムで使用されるもう 1 つの一般的な技術です。 MPPT コントローラーとは異なり、PWM コントローラーは固定電圧出力を維持するため、特に環境条件が変化すると、MPPT コントローラーと比較して効率がわずかに低下する可能性があります。ただし、PWM コントローラーは設計がシンプルであることが多く、小型のソーラー充電システムにとってはコスト効率の高いオプションとなり得ます。

海洋用途では、特にソーラー パネル アレイが比較的小さく、環境条件が比較的安定しているシナリオでは、PWM 充電コントローラは信頼性の高いパフォーマンスを提供できます。

ボート用の太陽電池充電器を選択する場合、海洋環境の特定の要件と条件に基づいて最適なテクノロジーを選択するには、MPPT と PWM 充電コントローラの違いを理解することが重要です。ソーラーパネルの構成、環境の変動性、電力需要などの要因を考慮することで、ボートの所有者は、どのタイプのチャージコントローラーが効率的で信頼性の高いソーラーバッテリー充電のニーズに最も適しているかについて情報に基づいた決定を下すことができます。

包括的な比較の詳細については、「MPPT VS PWM」を参照してください。

ボートバッテリー充電器は常に接続したままにしておく必要がありますか?

ボート用バッテリー充電器を常に接続したままにすることは、充電器の種類と特定の状況によっては、有益であると同時に潜在的に危険な場合もあります。以下に留意すべき考慮事項をいくつか示します。

自動メンテナンス充電器: 最新のボート用バッテリー充電器の中には、自動メンテナンス充電器として機能するように設計されているものもあります。これらの充電器にはフロート モードやトリクル充電などの機能が装備されており、過充電せずにバッテリーを最適な充電レベルに維持できます。このような場合、充電器を常に接続したままにすると、特に非アクティブな期間中、ボートのバッテリーを良好な状態に保つことができます。

手動充電器: 充電器に自動メンテナンス機能がなく、継続充電モードで動作する場合、常に接続したままにすると過充電が発生し、長期的にはバッテリーが損傷する可能性があります。過充電は電解液の損失、過剰な発熱、プレートの腐食の促進を引き起こし、最終的にはバッテリーの寿命を縮める可能性があります。

環境への配慮: 温度や湿度などの環境要因も、ボート用バッテリー充電器を差し込んだままにするかどうかの決定に影響を与える可能性があります。極度に高温または多湿な状況では、継続的に充電すると、浸水した鉛酸バッテリーで過度のガス発生や水分損失が発生し、潜在的に故障の原因となる可能性があります。

安全性への懸念: 充電器を常に接続したままにすることには、安全性への懸念もあります。充電器が故障したり、電力サージや電気的な問題が発生した場合、充電器を接続したままにすると火災の危険が生じる可能性があります。

これらの考慮事項を考慮して、ボートのバッテリー充電器を接続したままにするためのベスト プラクティスをいくつか示します。

自動メンテナンス充電器: 充電器に自動メンテナンス機能がある場合、非アクティブな期間に充電器を接続したままにしておくと、バッテリーを良好な状態に保つことができます。ただし、バッテリーの水位と全体的な状態を定期的にチェックすることをお勧めします。

手動充電器: 自動メンテナンス機能のない手動充電器の場合は、過充電を防ぐために、バッテリーが完全に充電されたら充電器を外すことをお勧めします。ボートが定期的に使用されていない場合は、バッテリーの充電レベルを維持するために定期的な充電セッションで十分な場合があります。

安全上の注意事項: 充電器の種類に関係なく、メーカーのガイドラインと安全上の推奨事項に従うことが重要です。これには、バッテリーの種類に適した充電器の使用、適切な換気の確保、故障の兆候がないか充電プロセスを監視することが含まれます。

要約すると、ボートのバッテリー充電器を常に接続したままにするかどうかは、充電器の種類、バッテリーの状態、環境要因によって異なります。バッテリーの充電を維持する利点と、過充電や安全上の懸念などの潜在的なリスクを比較検討することが重要です。

ボートバッテリーを充電するにはどのサイズのソーラーパネルが必要ですか?

ソーラーパネルのサイズは電力要件によって決まります。重要な家庭用電化製品を備えたライブアボードボートの場合、より高いワット数のシステムが必要です。逆に、ラジオや照明など、最小限の使用のためにバッテリーを維持する場合は、より小さなシステムで十分です。

さらに、太陽光への曝露、季節の変化、所在地などの要因も発電量に影響します。状況によって異なりますが、一般的な推定では、100 ワットのソーラー パネルは通常 1 日あたり約 350 ワット時を発電します。

太陽光発電システムのサイズもバッテリー容量を考慮する必要があります。大規模なバッテリー バンクがあり、夜間に大量の電力使用が予想される場合は、ソーラー セットアップでバッテリー バンクを再充電し、日中のエネルギー要件を満たすのに十分なはずです。

関連記事:湖上でトローリングモーターを充電するにはどうすればよいですか?

結論

海洋産業が持続可能な慣行を採用し続けるにつれて、ボート用の太陽電池充電器の採用は増加する傾向にあります。環境へのメリット、コスト削減、リチウム電池などの従来の電源からの独立性を備えた太陽電池充電器は、環境への影響を軽減し、水上での体験を向上させようとしているボート乗りにとって魅力的なソリューションを提供します。

結論として、ボート用の太陽電池充電器は海洋技術の大幅な進歩を表しており、外海で楽しみながらバッテリを充電し続けるための持続可能でコスト効率が高く、信頼性の高い方法をボート乗りに提供します。

ボートバッテリーをリチウムにアップグレードしてパフォーマンスを向上させましょう

リチウムイオンバッテリーにアップグレードしてボートの電気的性能を強化すると、従来の鉛酸バッテリーに比べて多くの利点が得られます。より高いエネルギー密度、より長い寿命、より速い充電機能、安定した電圧出力、メンテナンス不要の操作、および軽量を備えたリチウム バッテリーは、ボートに信頼性が高く効率的な電源を提供します。 

 

プリポスト
次の記事

ご登録ありがとうございます

このメールは登録されています!

ショップ・オブ・ザ・ルック

LiTime 12V 50Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵50A BMS LiTime 12V 50Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵50A BMS
LiTime 12V 50Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵50A BMS
【近いエネルギー量で5倍速く充電】当社の12V50Ah LiFePO4バッテリーは640Whのエネルギー(12.8V×50Ah×100%DOD=640Wh)で、12V100Ah鉛酸バッテリーの放電深度(DOD)が約60%であるため(12V×100Ah×60%DOD=720Wh)、使用可能のエネルギー量の差が小さいです。これで、12V100Ah鉛蓄電池が80Wの負荷を9時間連続で動作できるが、当社の12V50Ahリチウムイオンバッテリーが8時間連続使用可能です。また、100Ahの鉛蓄電池をフル充電するには10~20時間かかりますが、リン酸鉄バッテリーは1~2.5時間しかかかりませんので必要な電力をより早く使用できます。 【安全性が高くて8倍の寿命】LiTime LiFePO4バッテリーは自動車グレードのLiFePO4セルを採用し、エネルギー密度が高く、より安定した性能と50AのBMSを持っています。鉛蓄電池の200~500サイクルと3年の寿命に比べ、当社のリチウムバッテリーは4000回以上のディープサイクルと10年の長寿命を持つから、当社の12V50Ah LiFePO4バッテリー1個の寿命は、12V100Ah鉛蓄電池3~8個の合計寿命と同等になり、コスパは優れています。 【4倍の価値】LiTime LiFePO4バッテリーは5年間の保証があるが、市販の鉛蓄電池はわずか1年間です。寿命の面からみると、当社の50Ahリン酸鉄リチウムバッテリーの価値は、12V100Ah鉛蓄電池のほぼ 4 倍になります。たとえば、本LiFePO4バッテリーの使用あたりのコストは 0.069 ドルですが、12V100Ah鉛酸バッテリーの場合は 0.294 ドルです。このデータによって、当社のリチウム電池を購入することが、お客様にとって最良の投資であることを示しています。 【1/6まで軽量化&幅広いアプリケーション】LiTime 12V50Ahリン酸鉄リチウムイオンバッテリーの重量は5.32Kgで、12V100Ah鉛蓄電池の1/6しかなく、10歳の子供でも簡単に動かすことができます。一方、当社のリチウム電池は、並列(最大容量200Ah)および直列(24V、36V、48V の電圧)の様々な接続をサポートしており、セキュリティデバイス、ライト、ソーラーなどのホームバックアップシステムや除草、釣り、キャンプ、トレーラーなどの屋外活動に最適です。 【迅速な配達と優れたサービス】お客様にご満足いただけるサービスを提供することをお約束します。バッテリーは日本の現地倉庫から出荷されるため、迅速な配達が可能です。24時間以内に対応するカスタマーサービス体制で、プロの技術サポート、お客様を最優先に考える返品ポリシー&顧客サービスを提供いたします。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。全力でサポートさせていただきます。 【トローリングモーターに適用】この12V50Ah LiFePO4バッテリーは、最大1Cの放電電流をサポートし、始動用よりもエネルギー貯蔵に適しております。12V50Ahリン酸鉄バッテリーは20~30lbsのトローリング モーターに適用します。他のモデルのトローリングモーターを使用する場合、適用のバッテリーに関してはLiTimeまでお気軽にお問い合わせください。 【ご注意】携帯性と利便性を向上するために、12V50Ahバッテリーがハンドル付きバージョンに変わります。ロットによって、ターミナル端子の仕様がM6-12mmとM8-16mmの2種類があり、現在販売しているのはM6-12mmになります。
¥22,967
¥31,764
¥22,967
カートに追加する
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
【スペシャル】LiTime 12V 100AhスマートOTCBリン酸鉄リチウムバッテリー、オン/オフスイッチ、低温遮断 【スペシャル】LiTime 12V 100AhスマートOTCBリン酸鉄リチウムバッテリー、オン/オフスイッチ、低温遮断
【スペシャル】LiTime 12V 100AhスマートOTCBリン酸鉄リチウムバッテリー、オン/オフスイッチ、低温遮断
LiTime 12V 100AhスマートOTCBリン酸鉄リチウムバッテリー、4000+サイクル回数、キャンピングカー、ソーラーパネル、車中泊、オフグリッド等対応 【5年保証】 【OTCBスマート技術】LiTime 12V 100Ah LiFePO4バッテリーには、スマートで最新のOTCB技術が付いています。ワンタッチボタンでバッテリーのオン/オフ、スリープモードからの回復、低温保護下での強制充電モードの起動など簡単に操作できます。OTCB技術により、アプリダウンロード不要、インタラクティブで便利なユーザー体験できます。 【わかりやすいインジケータ&簡単操作】OTCBインジケータは、追加の設備を必要とせず、すべての情報を提供します。ワンタッチボタンのランプを見るだけとバッテリーシステムの状態がわかります。バッテリーの残量が20%以下になると、スリープモードになり、BMSに保護されたフルライフサイクル管理が可能になります。リアルタイムの指示により、バッテリーシステムの状況を把握しやすくなります。 【直列・並列接続に対応したスマートバッテリー】LiTimeは、同時に直列と並列接続出来るのスマートバッテリーモデルです。最大直列4台、並列4台の計16台のバッテリーを接続でき、最大容量は20.48kWhです。OTCBは、より簡単でシンプルな体験を提供します。余分なケーブルの接続や、Bluetoothアプリの接続・設定から解放されます。 【低温充電保護&強制充電】12V 100AhスマートLiFePO4バッテリー はセル温度が0°以下の場合、自動的に充電を切断する低温充電保護機能を内蔵しています。バッテリーの氷点下での充電による破損を防止します。低温充電に保護されたバッテリーへの充電が必要な場合、ボタンを押すと保護が無効になり、凍結状態での緊急充電が可能になります。 【グレードAセルとスマートBMS】100AスマートBMSを内蔵し、過充電、過放電、過電流、短絡、過熱、低温の6種類の保護機能を備えています。LiTimeスマートLiFePO4バッテリーは、スマートBMSのライフタイムマネジメントにより、グレードAセルで、4000+サイクル時間@ 100% DOD 10年以上を使用できます。トレーラー、トローリングモータ、ソーラーシステム、オフグリッドシステムなどの使用で長く使えます。 「素早く配達 & 優れたサービス」お客様に至高のサービスを提供することは弊社が力を尽くします。迅速な配達はバッテリーが日本で当地にいる倉庫からデリバリーすることに実現されており、商品に付いた簡明な取り扱い説明書および24時間内オンラインで迅速な返信するプロなアフターサポートします。何かご不明な点等ございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。 【トローリングモーター用】 LiTime12 v 100 ahスマートバッテリーは、始動バッテリーよりも専用のエネルギー蓄電池で、最大放電電流が1Cになります。トローリングモーターのための推奨:バッテリーボックスを使用して、30~70lbsのトローリングモーターに12V 100Ahスマートバッテリーを使用してください。
¥37,999
¥56,999
¥37,999
カートに追加する
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
LiTime 12V 100Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵100A BMS LiTime 12V 100Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵100A BMS
LiTime 12V 100Ah LiFePO4 リン酸鉄リチウムイオンバッテリー 内蔵100A BMS
グレードAのLiFePO4バッテリーセル 100%DODで4000回以上サイクル&10年長寿命 100%保護&3%の低自己放電率 1280Whの電力量と1280Wの最大継続出力電力 11Kgの重量で、12V200Ah鉛蓄電池のわずか1/5 ですが、エネルギーは同等 3種類の充電方法と10倍の充電効率 並列と直列可能(最大4直列4並列、20.48kWhのエネルギー) グループ31バッテリーのサイズ(329mm*172mm*214mm) RV、ソーラー、ホームストレージ、オフグリッドに適用 IP65防水仕様 クリーン・環境にやさしい・コスト効率が高い 迅速な配達と優れたサービス CE・FCC・FCE・UL・RoHS・UN38.3の認証取得済み
¥38,807
¥47,057
¥38,807
カートに追加する
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
LiTime 100Ah 小型化 1280Wh 小型・軽量・超高エネルギー密度 LiTime 100Ah 小型化 1280Wh 小型・軽量・超高エネルギー密度
LiTime 100Ah 小型化 1280Wh 小型・軽量・超高エネルギー密度
【BCIグループ24サイズ&ユニバーサルフィット】LiTime 12V100Ah Group24リチウムバッテリーは、BCIバッテリーサイズ規格の中で幅広く使用された「Group24」サイズに基づいて開発されており、さまざまな車両や用途で活用できます。12V100Ahグループ24バッテリーはグローバル互換性があり、Group24サイズのバッテリーボックスおよび市販の各タイプの車両に適合します。従来の12V100Ahリン酸鉄バッテリーより小型化で設置スペースに制限が少ないし、追加工事や複雑な配線が必要なく、グループ24サイズの鉛蓄電池を簡単に交換できます。 【1/3まで軽量化&8倍のエネルギー密度】LiTime 12V 100Ahグループ24 LiFePO4バッテリーの体積エネルギー密度(VED)は12V100Ahグループ31バッテリーより41%高く、体積はグループ31バッテリーのわずか75%で、コンパクトになりました。また、重量の方は、Group24 AGMバッテリーの1/3まで超軽量化で、8倍のMED (質量エネルギー密度)を実現して、100%エネルギーを使用可能です(1280Wh)。(鉛蓄電池の場合、同じGroup24サイズでバッテリー容量は70Ahで、DODは50%だけなので、使用可能なエネルギーは420Whです。) 【1.28kWh電力量で20.48kWhまで拡張可能】グループ24 LFPバッテリーは1.28kWhから20.48kWhまで柔軟に拡張可能で(同じ型の12V100Ah Group24リチウムイオンバッテリーを16個4P4Sで接続)、必要に応じてバッテリーシステムを簡単にアップグレードできます。出力範囲は1.28kW~20.48kWで、さまざまな機器を動かせます。これで、キャンピングカー・車中泊に限られない、家庭用バックアップ電源システムやオフグリッド生活でも機能します。 【グレードA LiFePO4セルと堅牢なBMS】LiTimeは、リン酸鉄リチウムイオン電池製品で自動車品質のLiFePO4バッテリーセルを使用することにこだわっており、強力なBMSによって過充電、過放電、過電流、過熱、短絡からリチウムバッテリーを保護します。この組み合わせで、LiTimeリン酸鉄リチウムバッテリーは10年間の耐用年数にわたって、安定した信頼性の高いパフォーマンスを提供します。 【10年耐用年数と4000+サイクル】リチウムバッテリーに関する優れた技術のおかげで、LiTime 12V100Ah Group24 LiFePO4リチウムバッテリーは10年も長い耐用年数にわたって安定した性能で使用できます。これは、このリチウムイオンバッテリーが100%のSOC(充電状態)およびDOD(放電深度)で4000回以上サイクル可能の耐久性があることを意味します。12V100Ah 1.28kWh Group24リン酸鉄リチウムバッテリーを求めるお客様に、LiTimeは信頼できる選択になります。 【ご購入前に知っておいていただきたいこと】1. LiTimeリン酸鉄リチウムバッテリーは、エネルギー貯蔵目的として使用することに適しています。車の始動用バッテリーやゴルフカートのバッテリーなどの用途については、お気軽にご連絡ください。LiTimeは24時間以内に迅速な対応を伴う専門的な技術サポートとオンラインカスタマーサービスを提供します。2. LiTime 12V100Ah Group24バッテリーは、30~70lbsのエレキモーター・トローリングモーターに適しています。
¥41,579
¥49,999
¥41,579
カートに追加する
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
閉じる
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ
売り切れ

オプションを選択

編集
Back In Stock Notification
this is just a warning
ログイン
閉じる

言語

カート
0 商品

Before you leave...

Take 3% off your first order

3% off

Enter the code below at checkout to get 3% off your first order

Welcome

Continue Shopping