LiTime 60A MPPT 12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー

99%の追従機能】LiTime60AMPPTソーラーチャージコントローラーは業界革新的な最大電力点追従制御機能を備えるため、アレー最大電力点を連続的に追従し、太陽電池が発電する時に出力を最大化できます。最低99%という高い追跡効率及びピーク98%変換効率を誇ります。(ソーラーパネルの最大入力電圧は150Vです。)

Bluetoothファンクション】LiTime12V/24V/36V/48VMPPTコントローラーの中に、Bluetoothモジュールが内蔵されております。そのために、お客様は別のBluetoothモジュールを購入する必要がなく、リモート制御を実現し、使用情報を示すことができます。

LCDスクリーンとLEDインジケーター】 LiTime MPPTコントローラーにはシステムの運行状況を示すLCDスクリーンとメニューでの操作を実現できる4つのボタンが装備されます。さらに、複数のLEDインジケーターはソーラーパネルのアレー、バッテリー、アンロード及びコントローラーの状態を示すことに役割を果たしています。

【優れた放熱性と多重保護】LiTime MPPT コントローラーはアルミニウムダイカストからなって、優れた放熱性を確保し、電力損失を低減する機能があります。さらに、ソーラー充電コントローラーに組み込まれた複数の保護機能により、コントローラーが逆極性接続、過電力、過電圧、出力短絡、過熱から完全に保護されます。

【リン酸鉄リチウムと鉛酸電池に適用】 LiTime 12V/24V/36V/48V 60AMPPTチャージソーラーチャージコントローラーは、リン酸鉄リチウム電池の充電モードを持っているため、リン酸鉄リチウムの充電を簡単にします。調整可能なパラメータで密閉型、ゲル型鉛蓄電池と互換性があります。

【付加コンポーネント】 アクセサリの中に装備されている銅線コネクタは、設置中にワイヤとMPPTの間の接触面積を増加し、電流を伝送する能力を高めることができます。

使用可能期間: 7 在庫あり
¥44,351
¥55,999
¥44,351
5%OFF
CODE: JP5 コピー

公式サイトでさらにお得です。

お急ぎください!在庫は残り 7 のみ

迅速と無料な発送

すべての日本注文には送料無料です。

ご注文確定後、1~3日営業日で発送手配いたします。

30日間以内返品

注文してから30日間以内簡単に交換や返品サポートします。
LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー

LiTime 60A MPPT 12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー

¥55,999 ¥44,351

LiTime 60A MPPT 12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー

¥55,999 ¥44,351
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー
    LiTime 60A MPPT  12V/24V/36V/48V ソーラーチャージコントローラー

    仕様

    デフォルトのバッテリー設定:
    12Vリン酸鉄リチウムイオンバッテリー
    システム電圧:
    12V/24V/36V/48V
    定格充電電流:
    60A
    定格負荷電流:
    20A
    ソーラーパネルシステムの最大入力電力:
    12Vの場合:900W、24Vの場合:1800W、36Vの場合:2600W、48Vの場合:3200W
    最大入力電力ソーラー入力電圧:
    150V
    負荷損失:
    12Vで12mA、24Vで10mA、36Vで6mA、48Vで6mA
    バッテリー電圧:
    9V - 64V
    最大電力点制御電圧範囲:
    3Vから120Vまで
    最大電力点制御電圧範囲 容量性負荷:
    8000マイクロファラッド

    FAQ

    Q: MPPTは大きすぎますか?

    A:

    実用的な限界があります。ソーラーアレイが大きすぎると、チャージコントローラーが常に出力を制限するため、電力が無駄になってしまいます。典型的な推奨は、ソーラーアレイをコントローラーの最大定格の110%〜125%に制限することです。

    Q: MPPTはバッテリーを過充電させますか?

    A:

    LiTimeのソーラーチャージコントローラーは、最大電力点追従(MPPT)技術を使用して、ソーラー発電を最適化し、バッテリーの充電電圧を制御して過充電を防ぎます。

    Q: バッテリーが満充電になったとき、MPPTはどうしますか?

    A:

    バッテリー電圧がバッテリーが満充電であると充電器が判断するポイントに達すると、充電器は停止し、MPPTコントローラーからの電力の取り込みを止めます。言い換えれば、バッテリー充電器はMPPTコントローラーに対して高いインピーダンスを示します。

    Q: MPPTをインバーターに直接接続できますか?

    A:

    いいえ!MPPTソーラーチャージコントローラーは、放電したバッテリーに効率的に電流を流すのに役立ちます。MPPTソーラーチャージコントローラーをインバーターに直接接続すると、ソーラーシステムが損傷する可能性がありますが、損傷しない場合でもインバーターには入力が全くありません。したがって、MPPTを直接インバーターに接続するのは悪いアイデアです!

    Q: どのくらいの大きさのMPPTソーラーチャージコントローラーが必要ですか?

    A:

    ソーラーアレイの総ワット数をバッテリーバンクの電圧で割ります。これでソーラーチャージコントローラーの出力電流がわかります。例えば、1000Wのソーラーアレイ ÷ 24Vのバッテリーバンク = 41.6Aとなります。チャージコントローラーの定格は少なくとも40Aである必要があります。

    Q: MPPTはPWMよりも優れていますか?

    A:

    一般的に、MPPTコントローラーはPWMコントローラーよりも高価です。しかし、特定の条件下ではより効率的に動作し、同じ量のソーラーモジュールを使用してもPWMコントローラーよりも多くの電力を生成することができます。

    レビュー

    関連製品